勃起不全を改善・シアリス

シアリスは勃起不全を改善するED治療薬です。2003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました。

シリアスの主要成分はタダラフィルです。シアリスの中で「タダラフィル」成分の含有量は 5mg、10mg、20mgなどの3つがあります。そのタダラフィルは陰茎内の平滑筋を緩ませて血流を良くして、勃起を促す物質を分解してしまうのを防ぐ効果を持っています。男性のペニス勃起を促進する効果が実現できます。

シアリスが発売前のED治療薬、バイアグラやレビトラなどの効果持続時間は約4時間~6時間ぐらいです。そして、食事の影響を受けるせいで、 患者さんの中にはバイアグラやレビトラ服用後、効果がなかなか出ないケースもよくあります。

それに対して、シアリスの効果維持時間は服用後36時間まで認められており、そして、食事の影響も受けにくいとされています。その原因は、シアリスの有効成分タダラフィルはブロック状をしており、体内に入ってからも分解されるまでに時間がかかるために、長い時間効き目が続くようです。そして、タダラフィルは水に溶けない性質を持っているので、食事の影響を受けないことが実現できます。食事後も自由に服用できます。

シアリスは世界で50カ国の500万以上の勃起不全、勃起障害の患者に支持されています。現在では最も男性から支持を受ける、ED治療薬となっております。シアリスに興味を持つ方はぜひ一度使ってください。

世界で初めてのED治療薬バイアグラ

バイアグラは1998 年にアメリカのファイザーから発売された世界で初めてのED治療薬で、狭心症の治療薬を開発中に偶然見つかった薬です。バイアグラの成分は雪鹿鞭、ヤクの睾丸、野驢鞭、鎖陽、人参、枸杞子、鹿筋などの天然の漢方生薬です。バイアグラは服用後30分程度で効 き始めて、1時間ほどで薬剤の血中濃度がピークを迎え、効果は5時間程度です。

バイアグラの効果は人間の体内には勃起を抑制する妨げる酵素の発生を抑え、海綿体への血流を増加させる働きを持つ「環状グアノシン一リン酸」の分解を防ぐことによって、勃起した状態を長く保てるED治療薬です。性欲不振、勃起不全、早漏などの性機能障害に改善作用があります。長期的に定期服用するのは、ペニス自体のサイズをアップされる効果があります。

バイアグラの副作用は服用者の約9割が目の充血や顔のほてりを体験したことがあります。ほかにも、めまいや動悸、消化不良、胃痛、視覚異常、鼻水・鼻づまりなど副作用があります、最悪の場合バイアグラを服用すると、血圧が急激に下がることで冠動脈の血流が不足します。結果として心筋が酸素不足となり、狭心症の症状が現れることがあります。バイアグラの服用には注意が必要です。もし心臓に痛みなどの副作用を感じた場合すぐ病院やクリニックの医師に相談してみましょう。

ジェネリック薬についてのそれぞれ

ジェネリック薬と言う言葉は聞くことがありますか?最近、ジェネリックそしてジェネリック薬と言う言葉、ものなどどんどん増えています。ジェネリックとはどんなものですか?そして、ジェネリック薬の場合はメリットとデメリットは何ですか?このような問題がきっと多いです。では、今一緒にジェネリック系薬特に男性側に対して勃起障害治療薬、つまりED薬ジェネリック系は具体的に検討しましょう!

ジェネリックについての知識
ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉である。では、医薬品の場合はジェネリック医薬品とはつまり、特許が切れた医薬品を他社が作成した後発医薬品です。

区別注意
新しい薬の開発には一番大切なものは製薬会社に特許がかかっているということです。そして、薬の有用成分となり得る物質を探索しまた非臨床試験(動物実験)を得て、治験の効果を収集して最後、副作用を確認してから、厚生労働省へ認証申請を出します。

後発医薬品の場合は特許がもたなくでも大丈夫です。他の製薬会社が新薬と同じ有用成分と製法で医薬品を製造するということであります。

ジェネリック系と本物
上述によるとジェネリック系薬は先発医薬品と同じ成分が含まれ、同じ効果と言う特徴が持っています。でも、ジェネリック系薬は本物と一切同じじゃなくで、違うところがもちろんあります。これはジェネリック系薬を製造また販売する時、先発医薬品の持つ特許のうち、新しい物質に与えられるまた新しい効能と効果に与えられるという2つの期間が満足していなければなりません。

だから、ジェネリック系薬は先発医薬品と同じ場合はただ主要な成分しかないです。

ジェネリック系薬のメリット
ジェネリック系薬のメリットは本物と比べて価格が安いと言うことであります。特に長期にこの薬を服用する方にとってジェネリック系薬が大きく金額差が出てきます。原因はジェネリック系薬は本物より価格の方が3割から5割程度の低い価格を設定しています。

だから、ジェネリック系薬はこのような事が大きなメリットです。患者さんにとっては毎月の薬代が安くすむのはとても経済的だと思います。